ミトコンドリア活性で妊活女性の着床率を高める方法

ミトコンドリア
女性は30代後半、男性は40代前半にはミトコンドリアの数が減ってしまいます。

ミトコンドリアは生殖細胞である「卵子」「精子」に多く存在しているため、卵子や精子の質や受精や出産にまで影響します。

 

不妊治療を続けていてもいいい結果がなかなか出ないと焦りを感じてしまう時期とこのミトコンドリアが減っていってしまう年齢がちょうど重なってしまう。

ミトコンドリアは体重の1/10を占めていると言われています。ミトコンドリアが減ってしまうと活性酸素が増えていく一方。

 

呼吸をするだけでも活性酸素が発生してしまいます。1日に細胞あたり約10億個発生し、抗酸化機能は働くが細胞内のDNAを損傷し修復が繰り返されます。

年齢とともに減少してしまうミトコンドリアは自分の体を修復するために優先的に利用され、赤ちゃんを授かるに至れない状況を招いてしまっているのです。

 

卵子、精子の質=ミトコンドリアの質

ミトコンドリアの質
心臓細胞同様卵子や精子の多くのエネルギーが必要となるため、ミトコンドリアの量は他の細胞に比べて10倍以上必要と言われています。

 

ミトコンドリアの質が悪い場合の具体的な症状例

  • 採卵してもグレードが低い
  • 受精しない
  • 着床しても流産してしまう
  • 精子の運動率が悪い
  • 受精しても分割途中で胚分割が止まってしまう
  • 着床しても胎児の発育が止まってしまう
  • 精子の奇形率が増える
  • 運動率が悪く受精しない

ミトコンドリアを活性化させてあげれば卵子や精子の質自体を高めることは可能です。質を高めれば上記の症状を全て解決し着床し流産などのトラブルも防ぐことができるという事がわかっています。

 

イースタティックミネラルは抗酸化を超えた抗老化力抗老化力

 

抗酸化の代表で一般的な成分としてビタミンCやコエンザイムがありますが、これらは「これ以上酸化をしない」というものですが、イースタティックミネラルは抗酸化に留まらずミトコンドリアを活性化し、

さらにミトコンドリアの本来の働きを復活させてくれる働きを持っています。

 

イースタティックミネラル自体に酸化を還元する能力を備えているため。他の抗酸化成分のように酸化物質に変わることはありません。

すなわち活性酸素を増やさないので妊活している体にとって他の抗酸化物質には絶対真似出来ない「若返り」が実現できるのです。

 

ミトコンドリア活性のカギはイースタティックミネラルだったと語る不妊治療体験者の口コミ

 

口コミ女性

結婚して10年不妊治療8年で37歳。夫も同い年。何度挑戦しても体外受精で卵が受精卵にならなかったり、胚盤胞を戻しても陰性ばかりで結果がでずに焦っていました。

私が通っていたクリニックでは体外受精を繰り返し失敗している方には海外のサプリメントDHEAを勧めていて、実際に試したのですがステロイドの一種だと知り海外製のサプリは副作用も心配なので途中で止めてしまいました。

 

そこで見つけたのが卵子や精子の老化に着目したサプリ、ミトコアでした。ミトコンドリアを活性化できれば受精卵も着床してくれるのではないか?それを信じて購入。

夫婦で半年間飲み続け、採卵に再度チャレンジ。みごと着床、陽性反応をみることができました。体外受精なので多くのホルモン剤のお薬と併用する形でしたが、副作用も何一つなく

妊娠することができたのです。今まで一度も陽性反応を見たことがなかった私達夫婦に結果をもたらすことができた唯一のミトコア。体外受精で着床率を上げたいと考えている方なら採卵前からの服用を勧めたいと思います。

 

運動でもミトコンドリアは増やせるがサプリの必要性について

運動を1週間しただけでもミトコンドリアを活性化させることは可能だと言われていますが、一方で運動を毎日必ず借りに試したとしても時に運動が活性酸素を増やしてしまう原因になることもあるのです。

そういった不安定な中でミトコンドリアを活性化させるというのはリミットのある妊活夫婦にとって得策とはいえません。

 

先程の口コミ女性もミトコアを飲みながら夫婦で時々散歩をしてリフレッシュはしました。というふうに体験談で語ってくれていますがそれまでも散歩はしていたのでそれが妊娠できた理由にはならないとも

語ってくれました。やはりミトコンドリアで卵子や精子を若返らせる最短方法はミトコアです。

 

イースタティックミネラルが体外受精の着床率を確実に高める⇒

 

 

 

 

 

 


関連記事


妊娠力を高めたい時に役に立つサプリ



*基礎代謝がアップするから母子手帳がリアルに近づいてくる*

*卵子と精子の老化に*

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ