高齢出産で妊娠した芸能人不妊だった千堂あきほさん

子宝に恵まれなくて不妊治療を行う芸能人不妊の人は数多くいますが、千堂あきほさんはその中でもまれなケースといえます。


トレンディドラマで活躍した千堂あきほさんは、芸能人不妊の一人で39歳で初めて妊娠して高齢出産を経験し現在は2児の母ですが、結婚してしばらくは子宝に恵まれず不妊治療を行っていました。


31歳の時に不妊治療を始めて、その後6年間成功しなかったために37歳の時に一度不妊治療を断念し、体外受精や代理出産も考えたものの、やはり自分が妊娠して出産したいという気持ちが強かったこともあり、体外受精は敢えてしないという選択を選んだとされています。

不妊治療を諦めた後奇跡が起こる



妊婦さん

不妊治療をやめた後自然妊娠し、39歳で長女を出産後、もう一人子宝に恵まれたのです。



そもそも、千堂あきほさんは20代の頃に子宮内膜症を発症してピルによる治療を行っていましたが、その治療自体に疑問を持ったことがきっかけで不妊病院に転院したことから始まります。

パートナーとの話し合いが大切です



話し合う夫婦

タイミング療法や人工授精などを続けていましたがなかなか妊娠せずに一度は諦めたのですが、ここでよかったことがいくら子供が欲しいからと躍起になって不妊治療を続けたのではなく周囲の意見やパートナーとの話し合いなどで納得した上で一度不妊治療を諦めたことが、返って自然妊娠ができたことにつながったのです。



子供がなかなかできないとイライラしたり無理をしたり、あるいは自分のせいやパートナーが一生懸命になってくれないせいだと考えがちですが、実は一歩引いて客観的な視線が大切であるともいえます。


医師や不妊治療に成功した人の意見、大事なパートナーと子供を持つことに対してしっかりと話し合いをして、もしなかなかできない場合には盲目にならずにいったん自分を客観視することが良い結果につながる可能性がありますので、無理をしないようにしましょう。


関連記事


妊娠力を高めたい時に役に立つサプリ



*基礎代謝がアップするから母子手帳がリアルに近づいてくる*

*卵子と精子の老化に*

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ