自然妊娠したいから病院に行くのはまだ先って思うのは間違ってますか?

悩む夫婦



もしかして不妊かも…。
そんな気持ちからついネットで検索してしまうもの。
でも…根本的な解決にはなっていないことってありませんか。


婦人科に早めに行く事は自分でも予想していなかった不調に気付かされたりパートナーと一緒に行く事でいろいろチェックができるからです。
初めて婦人科に行く時にはちょっと抵抗を感じるかもしれませんが、全て読み終わる頃には安心して行けるようになると思いますので参考にしてみてください。

最初は誰でも不安…だからこそ親身になってくれる場所!それが婦人科


婦人科



少し前まで言われていたことは『自力で妊活を2年頑張っても妊娠しなければ婦人科診察を。』というのが一般的な考えでした。
しかし日本生殖医学会によると自力で1年頑張ってもできない方は早めに受診するように促しています。


それには食生活も含め環境ホルモンの影響やストレス社会など不妊因子が増えていることも理由の1つ。
病気ではないのに病院に行くという事に抵抗を感じている方もいると思います。


『妊活』という言葉が社会にこれだけ浸透しているという事はそれだけ赤ちゃんを授かりにくい、または授かるまでに時間がかかっているという事の裏返しと言えるでしょう。
女性の社会進出で晩婚化が一番の影響と言われていますが、授かれる人は環境因子も晩婚化も諸共せず授かっていますし…。
だからこそ病院に行くことによって不安要素を解消することが一番の近道なるのです。


「あの時病院に行っとけばよかった」と言う後悔だけはしてほしくない!
妊活を頑張る女性に隠れてしまっていますが、なかには妊活を始めるタイミングが遅れて結局子供を諦めたという女性もたくさんいます。
誰も今日からスタートしてください。と言われないことだからこそ実は繊細な悩みも数多く隠されているんですね。

病院に行き始めたら自然妊娠できないワケではないのでご安心を


自然妊娠



病院に行き始めたら即治療。ということではありません。まずはタイミング療法で自然に近い形で妊娠を促してくれます。
治療が必要な場合や、次のステップに進むかどうかも聞いてくれるので、もちろん自然妊娠も可能です。


私の友達は卵胞チェックだけ病院でしてもらって自力で頑張っているという子もいるので人それぞれだと思います。


病院選びも大切になっています。
一言で婦人科と言っても不妊治療に力を入れているところの情報を得てから通うことをおすすめします。

ただ力を入れているだけでなく、体外受精や顕微授精をすることになっても自治体からの補助金が受けれる指定医療機関に通うのが安心です。


ほとんどの自治体で申請をすれば不妊治療の助成を受けることができる(一定の収入額以上の方には非適用)ので、病院を決める上で参考にしてみてください。



また同じ医療サービスを受けれたとしても実績や、施設の新しさ、不妊治療外来専門(妊婦さんと顔を合わせなくていい)かどうかなど、
通い始めてストレスに感じるかもしれない要素がある病院はやめておくのも1つの手かもしれません。
せっかく赤ちゃんを授かるために通う病院がストレスになってしまっては意味がありませんからね。


初めて婦人科に行く前には行きたい病院のHPをチェックし、先に電話連絡をするほうがいいでしょう。
最近の不妊治療クリニックはとにかく待ち時間が長いのが一般的です。1~2時間の待ち時間がほとんど。
予約制のところも多く、初診でもいきなり数ヶ月待ちというところも。



行きたい気持ちがマックスなのになかなか受診できないのも良くないので早めに電話しておくのがいいでしょう。

初めて受診する時には是非旦那さん(パートナー)同行で


妊娠しやすい体づくり



これが妊娠の一番の秘訣です。私もできるだけ旦那さんと行くようにしています。けっこう一緒に来られている方も目にしますので抵抗は感じません。
一昔前では男の人は入りづらい印象もあったでしょうが今は男性にも早い段階でメディカルチェックを受けておいたほうが良いケースがけっこうあるので一緒に行くことで手間も省けます。


初めて病院に行くときに一緒に行くようにしましょう。



まとめ


自力で妊活もいいと思いますが、プロの手を借りるって言うのもアリだと思います。
私の場合、病院に行ったら予想していなかった病気が発覚し治療を本格的に始めるきっかけになりましたし。ただなんとなく行かないってなってるんであれば行く事をオススメします。
この病院合わないなぁと思ったら転院もできますしね。病院に行くことに縛られることなく休みやすみ行くのもストレスを溜めない方法ですよ。


病院に行くのちょっと抵抗がある!って旦那様またはパートナーの方へ


うちのダンナさんも最初は完全否定まではいかないまでも、できれば一人で行ってほしいオーラを出してきてました。でもすぐに検査するために結局は呼ばれる(笑)ので最初からついて行く方があれこれ考えるより楽だと思います。
一緒に行ってると女性側の大変さに気づいてあげれるようになるので信頼度もアップするかもしれません。妊活は女性ひとり頑張ってもできません。だからこそ一緒に行く意味を一緒に考えてみてください。

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ