排卵期で妊娠率は約20%・フーナーテストで精子検査結果チェック

フナーテスト
排卵と生理は妊娠する事にとって、どちらも欠かすことが出来ない大事なこと事なので当たりあえの知識として覚えておきましょう。


排卵とは単純明快に卵子が卵胞から排出されて精子と出会い、子宮内膜で精子と卵子が受精すると妊娠するという流れになります。


簡単に説明しても妊娠の確率というのは非常に低く「排卵時でさえ約20%の妊娠率」、妊娠=奇跡と言っても過言ではないほど神秘的なものです。

それと相反して、生理(月経)は子宮内膜が剥がれ落ちて体外へ排出される=妊娠しなかったので経血として排出されていきます。


男性不妊は約5割と言われているのでフーナーテストで精子の運動量や精子の数を見れます

精子運動証検査
妊娠を希望する夫婦ならまずフーナテストをおすすめします。殆どの方が痛みも感じることなくテストすることができるので不安なくまずは試してみることをおすすめします。


病院での精子検査が恥ずかしい方はこちらも精子検査を自宅ですることが出来るキットになっているのでしていない方は早めに検査しておきましょう。(個人輸入代行業者で安心安全秘匿性考慮で購入できます。)


セルフ精子チェック顕微鏡キット詳細はコチラ

精子検査で分かることは精子の動きや量だけではなく、子宮粘膜との相性も分かります



主にフーナーテストとは、簡易的な精子の運動量や数をフーナーテスト結果によって見ることが出来ますが、子宮管粘液と精子との相性を調べることもできます。ですが、子宮粘膜自体に残っている精子は精液に近いので、元々運動量や数自体は少ない傾向にあります。


男性の生活習慣やストレス等によってもフーナーテストの精子の結果は信憑性自体は高いものではない場合が多いので、何度かフーナーデストにしてもしてみることをおすすめします。


一番手っ取り早いのは、病院での精子の検査を何度かしてもらうことが望ましいですが簡易的に行うことができるので、不妊治療のスタートアップとしては気軽に精子テストなどを行うことができるのでおすすめです。


現在30代の方はこちらも参考にステップアップ治療の選択も考慮したほうが良いかもしれません。



治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ