不妊治療に疲れた私に陽性反応がでた

不妊治療の病院通い

たぶんうつだったと思います。

不妊治療は正常な人でもうつになってしまう。追い込んでしまう精神をかき乱してしまう。そういう要素を秘めています。

これから私が書く事でもしまだ試していないことがあれば、1つのきっかけとして読み進めて欲しいと思います。

 

不妊ストレスは妊娠を遠ざける。これだけは言い切れます。だからといって妊娠報告を心から祝福できない自分はそのままで良いんです。

1度悔し涙を流したら、1つ新しい事をはじめてみる。チャレンジと言ってもそんな難しいことをしたわけではありません。

 

6回目の体外受精でも撃沈

流産でうつ状態

判定日病院で血液検査の結果を待つ。いつもどおりというか、やっぱりというか妊娠反応はゼロ。先生も理由がわからないと頭を抱える。

帰りの車で一緒に来ていた主人に「私もう6回も赤ちゃん殺してしまった。そんな気持ちになる。」と言った瞬間、溢れてた涙がこみ上げました。

 

毎回同じ事の繰り返しで、主人も最初の頃のように一緒に悲しんでくれるという事が何となく少ないように感じてしまいました。

側にいてくれる唯一の戦友にやがて心を閉ざしてしまっていたのです。

 

そんなある日、主人が「俺らみたいな原因不明の不妊ってやっぱり35歳過ぎてる人が多いらしいよ。ミトコンドリア活性化とか言うのが良いらしいよ」

具体的に調べた事を教えてくれました。自分の気持ちが前に進まない中、言われるがままに「ふーん。ふーん。」とテレビを見ながら聞いていました。

 

すると今度は「今日から毎日ウォーキングしよう。ミトコンドリア活性化に良いらしいから。二人ともデスクワークで運動不足だしさ」と言ってきました。

昔使ってたシューズを引っ張り出してきてその日からウォーキングをしました。

 

数日後、ヤマト運輸から届いた荷物。それがミトコアというサプリでした。あ!もしかしてコレ言ってたヤツ。「マジで買ったんだ‥」

泣いてばかりで前に進めなくなっていた私にちょっと強引だけど何かを変えるきっかけをくれました。

 

来る日も来る日もウォーキング&ミトコア

運動

人って2週間同じ事を繰り返すと自然な週間になって苦じゃなくなると聞きました。それも本当みたいで最初は主人に言われてしか行く気になれなかったウォーキング

自発的に行くようになりました。毎日違う音楽を聞いたりして歩くだけなのに、体がいい感じにほぐれて、気持ちまで前向きにしてくれるような感覚になりました。

朝食前に30分。夕食前に30分。それが難しい時にはどちらかで50分ぐらい歩きました。

 

ミトコアは朝・昼・夜食後に3粒づつ飲みました。正直これまで試してきたサプリのどのサプリよりも本当に効果あるの?と聞きたくなるようなサプリという印象でした。

本当に卵子が若返るのか?体外受精6回撃沈しているわたしだからこそ、本当に卵子の老化を食い止められるのか自分の体で証明したくなりました。

卵子の老化を防ぐっていうのがミトコアの売り文句だっただけに、最初は騙されて買っちゃった感は否めませんでした。

 

助成金を使い切った後初の体外受精 これで諦めるつもりでチャレンジ

精子無力症

うちの自治体では6回を限度に助成金が申請できなくなります。既に使い切った状態で7回目のチャレンジ。

 

ウォーキングを始めて半年が過ぎていました。

 

採卵で卵子はいつもどに採れました。でも卵子の質は最後の移植から半年が経っているので、何も無ければ老化しているはずです。

採卵後は1周期休んでから移植周期に臨みました。まず採れた卵が全て受精し凍結できていたこと。そして、2段階移植をしたのですがその為に融解した受精卵が順調に育っていたのには

びっくりしました。が、まだその時には半信半疑。たまたまだとも思いました。

 

一週間後!移植して1週間後の判定日。思いもよらぬ先生からの言葉…。

「陽性反応でていますねー」

びっくりして言葉もリアクションでも何もできない自分がいました。

 

泣いた。主人にもあたりちらした。友達の妊娠で神様を恨んだ。子宝神社なんて嘘だと思っていた。

でも、何やってもどうせできないんでしょ。という気持ちが蔓延している中で打破してくれた夫に感謝。

 

ミトコアもこんな形で証明できたことになるし。ミトコアの体験談ってなかなか信じられないと思っていたけど最後!って思って

定期購入高い!と思いながらも続けていて本当に良かったです。金額には変えられないです。


関連記事


妊娠力を高めたい時に役に立つサプリ



*基礎代謝がアップするから母子手帳がリアルに近づいてくる*

*卵子と精子の老化に*

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ