キム兄の妻・西方凌が妊娠のために試した秘策

妊娠


キム兄の奥さんの西方凌さんが待望の1子を授かったことを公表しましたね。


子供を今回授かるまで何度もタイミング療法や人工授精、体外受精を行っていたそうです。それでも結果がでない。そのために適度な運動や食事療法、睡眠を心がけていました。
一見ふつうのことのように思いますが、芸能活動をしていると生活リズムが不規則になったりしてしまいますからなかなか難しいようです。

体温が低めだった西方凌さん



高温期になっても、体温が高くなることがなく、平均的にずっと低めだったそうです。


それを改善するために、レッグウォーマーやお灸などで体温をあげようと努力していたが、なかなか効果を感じなかったようで、ずっと悩んでいました。


そこでキム兄の知り合いの足識食癒施術法サロンを営んでいる方にアドバイスを貰ったのです。

⇒冷え性の方や基礎体温が低めの方はコチラの改善方法もオススメ



白い野菜を中心に食べる



和食


現代人は栄養を摂り過ぎているようで、おかずを3割、ご飯を7割の割合で食事をするのが良いそうです。

そして白い野菜(大根、カブ、白菜・・・)を中心に食べ、ご飯をモリモリ食べることが妊娠への近道というのです。



「そんなことで本当に効果はあるのか・・・。今更体質改善する時間なんてあるのか・・・。」


という気持ちでいながら、その食事制限を続けて3日ほどで、体温がグッと上がったそうです。


そして、この時期の受精卵で妊娠に至ったそうです。


この食事療法なら夫婦で改善できますし、3日ほどで効果が現れるのなら試して見る価値ありですね!


⇒食事ではなくサプリで簡単に食事療法をするにはコチラ




関連記事


妊娠力を高めたい時に役に立つサプリ



*基礎代謝がアップするから母子手帳がリアルに近づいてくる*

*卵子と精子の老化に*

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ