「首の後ろに空間が・・・」37歳で経験した先天性異常の恐怖

エコー写真
37歳。働きながらの妊活でやっと妊娠できた私。妊娠4ヶ月の時点での検診は4週間後になるので、元気なのかな?という不安と期待で緊張していました。
 
でも内診で診てもらうと緊張もどこにやら前回より大きく成長した我が子を見ることができたんです。全身を見たり背骨のあたりもズームしてアップして見ていました。
 
すると・・・
 
先生:背骨の隙間がある・・・○○先生呼んできて」
 
という先生と看護師さんのヒソヒソ話が聞こえてきたのです。詳しくは聞き取れなかったものの、声のトーンで悪い話ということはすぐわかりました。
 
先生:「○○さん、ここ見えますか?赤ちゃんの背骨の後ろに隙間ができているんです。ここに大きな隙間があると先天的な異常があることになります。でも成長過程で隙間が無くなる場合もありますので、問題ない場合もあります。エコーに詳しい先生を呼びましたので少し待ってくださいね。」
 
私:「え・・・!先天性異常・・・!? うそ・・・」
 
エコーに詳しい先生が来るまで数分だと思うのですが、とてもとても長い時間に思え、頭が真っ白でとにかく何も考えることができませんでした。
 
エコーの先生「背骨の隙間の大きさは3ミリになります。この大きさでははっきり大丈夫ですとも先天性異常とも言い切ることが今の時点では言えません。年齢が37歳ということなので、先天性異常を調べる検査を受けたほうがいいかもしれません」
 
その後、看護師さんに検査の費用やメリットデメリットなど詳しい詳細の説明がありましたが、放心状態だったので正直覚えていません。唯一覚えていることは費用がかなりの高額で、検査をしても100%わかるものではないということでした。
 

どうしても自分を責めてしまう日々

 
それからと言うもの、ネットで色々な情報を集めました。妊娠する前に妊娠に気づかずに風邪薬やお酒を飲んでしまったことが原因で異常が出てしまったのではないかとか、何度も何度も自分を責めて泣きました。
 
でも、先天性異常のリスクには、葉酸が大事だということを知ったんです。
 
葉酸というのは、ほうれん草などに多く含まれているビタミンB群の一種です。でも食材から葉酸を摂取しようとすると毎日ものすごい量を摂取しなくてはいけないし、体内で蓄積できることができないので、まとめて摂取することはできず、毎日コツコツと摂ることが大事になるのです。ですから食材から摂取しようとするのは現実的ではありません
 
葉酸をうまく取り入れるコツは、葉酸サプリを活用することです。
 
【葉酸サプリを飲むと妊娠しやすくなるのではなく、先天性異常のリスクを減らせる】
 
皆さんは、葉酸サプリを飲むと妊娠に近づくと思っていませんでしたか?わかりにくい情報のせいでこういった誤解した解釈で飲んでいる人も多いのです。葉酸サプリを飲むことは決してカラダに悪いことではないので妊活中のかたに是非飲んでもらいたいものなんですが、明確な目的を知った上で飲んでほしいですよね。
 

厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しています

 
ドクターとグラフ
実験では、葉酸サプリを摂った所、先天性異常のリスクを72%も減少させることに成功したようです。
 
葉酸サプリを飲めば100%先天性異常を防げるというものではありません。しかし葉酸が不足すれば先天性異常を起こしやすくなるということは事実なんです。
 
私のような経験を皆さんにしてほしくありません。地獄に突き落とされたような感覚に陥るからです。少しでも生まれてくる我が子のリスクを減らすなら、妊活中の葉酸サプリの摂取を絶対おすすめします。
 

⇒今からでも遅くない!先天性異常のリスクを減らすのは絶対このサプリ!


 


関連記事


妊娠力を高めたい時に役に立つサプリ



*基礎代謝がアップするから母子手帳がリアルに近づいてくる*

*卵子と精子の老化に*

治療中の症状(女性)

治療中の症状(男性)

病院に行かない・諦めたあなたへ